お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

お寿司のうんちく・ネタ

ネタ
寿司に用いられる魚介類その他は「タネ」、多くはそれを逆さにした符牒で「ネタ」と呼ばれます。その主なものに次のようなものがあります。

アジ、イワシ、カジキマグロ、カツオ、カレイ、 カンパチ、コノシロ(江戸前寿司におけるコハダもしくはシンコ)、サケ、サバ、サンマ、スズキ、タイ、ハマチ(ブリ)、ヒラマサ、ヒラメ、マグロ(トロ)、メカジキ、アイナメ 、アナゴ、ウナギ(煮付け・蒲焼等) 、エビ(アマエビ - ブラックタイガー - クルマエビ - イセエビ - ボタンエビ - ホッカイシマエビ)、シャコ、カニ(ズワイガニ - タラバガニ) 、イカ、タコ 、アオヤギ、赤貝、ホタテガイ、ホッキ貝、ミルガイ、ツブ、トリガイ 、イクラ、ウニ、トビコ
油揚げ、蟹蒲鉾、かんぴょう、きゅうり、出汁巻き卵、納豆、練り梅、ネギトロ、漬物

近年は、特に回転寿司や日本国外の寿司料理店において、
ミニハンバーグ、チャーシューなどの肉類や、シーチキン・アボカドなどの和食以外をネタにした、従来の寿司から見ると奇想なものが増えている。ただしこれらのネタを従前から続く工夫の1つと捉える意見がある一方、寿司の枠を超えた異質のものとして寿司とは別のものとする意見もあり、賛否が分かれるところであります。