お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

お寿司のうんちく・握り方

元気の良い声で「いらっしゃい」と声を掛けられるとうれしいですよね。お寿司を食べると元気をもらうような気がします。
握り寿司において飯(シャリ)の握り方は寿司職人の技術が最も発揮されるところであり、様々な技法があります。

手返し
本手返し
小手返し
たて返し
横手返し
親指握り
これのほかに、にぎりの形があり、たわら形、はこ形、ふね形などがある。

近年ではシャリの自動握り機が普及している。タンク状の装置に酢飯を入れておくと、機械がそれを絞り出すような機構を用いてにぎり寿司の形に作ってくれる。中にはワサビをつけたり、軍艦巻の海苔をまきつけるところまで自動で行なうものもある。また機械の外観が飯桶の形をしていて、客席から一見すると寿司職人が桶からご飯を取り出して握っているように見えるものもあり自動化が進んでいますが、銀さらは職人が手でにぎってます。